1. HOME
  2. ブログ
  3. ほてからレシピ
  4. 広東香炒飯 広東風チャーハン【ほてから放送レシピ】

BLOG

ブログ

ほてからレシピ

広東香炒飯 広東風チャーハン【ほてから放送レシピ】

テレビ岸和田『ほてから』でご紹介した料理のレシピを公開いたします!
ぜひご家庭で試してみてくださいね♪

広東香炒飯 広東風チャーハン

材料 2人分

 むき海老31/40 4匹
 焼豚 60g
 白葱みじん 1/3本分
 溶き玉子 2個
 ご飯 400g
 レタス 3枚
 サラダ油 適量
【A】
 塩 小さじ1/2
 旨味調味料 少々
 コショウ 少々
 濃口醤油 小さじ1/2

作り方

① ご飯は炊いたものを使用分お皿にだし、湯気を放出させ常温にします。

② むき海老は背ワタを取り除き、塩と片栗粉を各少々振ります。水少々を加え揉んだ後、汚れと臭みを取り除くため、流水で流し水気を良く切り、塩・コショウ・片栗粉各少々で下味を付け、熱湯でボイルします。

③ 焼豚は7mm角のさいの目切り、レタスは1㎝幅の細切りに。

④ 鍋を充分に熱し、大さじ2の油を加え、溶き玉子を流し入れます。素早く混ぜ合わせ、半熟状態になったらご飯を加え、お玉の腹で押さえながらほぐします。

⑤ ご飯が油になじんだら焼き豚と海老を加え、パラパラになるまで水分を飛ばしながら炒めます。

⑥ ⑤に薬味の葱を加えて炒め、なじんだらAの調味料を加え、醤油は鍋肌にたらし混ぜ合わせます。最後にレタスを加え、5回ほど鍋を返して仕上げます。

💡ポイント
ご飯は水の量を少なめに炊くのがポイント‼ お米2合(300g)を炊く時に水を2合分入れた後に、大さじ2の水を抜いて炊くとGood👍
💡ポイント
温かいご飯の方がほぐれやすいです!!但し湯気は炒飯の大敵💦炊き立てのご飯の場合は、一度皿に広げて10分程置いてから調理すると良いです。冷やご飯は、ラップを掛けずに電子レンジで温めてから炒めるとGood👍
💡ポイント
玉子を入れた後、ご飯を入れて混ぜる時、お玉でお米を切らないように注意!!切るとお米に粘りが出てパラパラになりません。なるべくお玉の腹を使いほぐしましょう。
💡ポイント
調味料はご飯を良く焼いて水分を蒸発させてから加えましょう。早めに入れると、浸透圧の関係で米から水が出てしまいパラパラに仕上がりません。

冷凍エビの16/20や31/40などの表記は、ポンド尾数と言います。
1ポンド(453.6グラム)あたりの無頭(頭のついていない)海老の尾数を示しており、数字が小さいほどサイズが大きく、値段が高い海老という意味になります。
例えば31/40(1ポンドあたり31~40尾入っている)よりも13/15(1ポンドあたり13~15尾入っている)の方がサイズが大きく、1尾あたりの値段が高くなります。

関連記事